強制認知

2020/5/11

未婚で妊娠!認知してもらう必要性はあるか

未婚の状態で妊娠してしまった…しかも相手は不倫相手…。結婚を考えてもいない相手との間に子どもができてしまった場合、女性は一人で子どもを産み育てることになります。 日本には父親である男性に認知をしてもらうという制度があります。認知をしてもらうことで大きく変わることがたくさんあります。認知という制度について、その内容や方法、守られる権利やメリットデメリットを解説いたします。 目次 認知とは何かそもそも認知とは?認知に期限はあるの? 認知のメリットとデメリット認知のメリット認知のデメリット相手男性による任意の認 ...

もっと詳しく

強制認知

2020/5/10

妊娠したのに認知してくれない場合の解決方法

交際中の恋人との間に子どもができた際、男性が子どもの存在を認めない、いわゆる認知を拒否するケースは少なくありません。結婚を拒否するだけではなく、子どもの認知もしない男性に対して、どのように対処すれば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。 そこで、妊娠をした際に男性が認知してくれない場合の対処法の1つである強制認知について、メリットやデメリット、調停や裁判の流れを解説します。 目次 強制認知とは強制認知制度の必要性強制認知のタイミング強制認知のメリットとデメリット強制認知のメリット強制認知のデメリット強 ...

もっと詳しく

強制認知

2020/5/10

不倫相手の子を妊娠して認知してもらいたい方へ

奥さんがいることはわかっていたけれど「絶対に妻とは別れる」という言葉を信じて子どもが出来たが、いざ妊娠したことを告げると「困る」と言われた。付き合っていた彼の子どもが出来たので、結婚しようと言ったら「実は結婚していた」と言われてしまった。そんなお悩みでお困りの方もいるかもしれません。子どもが産まれたら父親はどうなるのかなど不安は尽きません。 このコラムでは、不倫相手の子を妊娠した場合に法的にはどうなるのか、どのような手段が取れるかなどを説明したいと思います。 目次 不倫相手の子を妊娠して認知してもらわない ...

もっと詳しく

債務整理

2020/6/5

家族に内緒で自己破産できるか?

「カードで買い物をしたが、気が付けば毎月の返済額がかなりの額にのぼってしまい、給料では返すことが出来ない」「ギャンブルにはまり、町の消費者金融からお金を借りて返済が出来ない」このようなお悩みで困っている方はいらっしゃいませんか。 お金が返せなくなった場合、自己破産をすることを考えるかもしれません。でも、家族にバレてしまうのではないかと不安に思われる方もいるのではないでしょうか。このコラムでは、家族に内緒で自己破産が出来るのかについて解説したいと思います。 自己破産による家族への影響 自己破産とは、簡単に言 ...

もっと詳しく

債務整理

2020/6/4

自己破産のデメリットとは?よくある誤解も紹介

自己破産をしたくても、そこにはさまざまなデメリットがあるように思え、なかなか決心がつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 自己破産には、一定のデメリットがありますが、一方で、デメリットとして誤解されているものも少なくありません。このコラムでは、自己破産のデメリットについて、よくある誤解にも触れながら、解説していきます。 自己破産のデメリット 自己破産には一定のデメリットが伴いますが、以下では、主なものとして、6つのデメリットについて解説します。 (1)財産を処分される 自己破産のデメリットの ...

もっと詳しく

弁護士紹介

弁護士 松 浦 絢 子

東京弁護⼠会所属 登録番号49705
宅地建物取引⼠

【経歴】
1983年2⽉⽣まれ、東京都練⾺区出⾝
夫と息⼦との3⼈暮らし

  • 私立吉祥女子高等学校、京都⼤学法学部、⼀橋⼤学法科⼤学院
  • 法律事務所、株式会社東栄住宅(飯田GHD子会社)、三井不動産投資顧問株式会社を経て開業

【執筆実績等】

会社設立センター「会サポ!」

起業を検討している方、起業まもない方へ向けて会社設立や会社運営について解説しています。また、上記サイトから会社設立手続に詳しい税理士の紹介を受けることができます。

医療会計支援センター

医療機関向けに、医療法人の仕組み、医療法人の機関・役員の責任などを解説しています。

ごあいさつ

これまで法律事務所や事業会社においてIT業や不動産業の法務を担当してきました。事業会社に勤務時はいち会社員として会社組織ならではの問題や会社員が⽇頃抱いている思いを肌で感じてきました。また、⼦育てを経験して初めて、親の⼦に対する気持ちや仕事と育児との両⽴について実感を伴って知ることができました。

弁護⼠は学⽣からそのまま司法試験に合格し「先⽣」と呼ばれる⽴場になる⼈も多いせいか、ともすると一般常識から乖離しがちであるとの印象があるかもしれません。私⾃⾝は、弁護⼠としてはそれほど多くない会社員として働いた経験や、⼦育ての経験から得た「普通の視点」を忘れることなく皆様のご相談に対応したいと考えております。

弁護⼠の数が増加したとはいえ、弁護⼠への相談はまだまだ敷居が⾼いものと思われます。当事務所でご相談者様にわかりやすい⾔葉で丁寧に対応することを⼼がけております。また、弁護⼠費⽤についてはご依頼の前に見積書をお渡しし安⼼してご依頼いただけるよう努めております。

取扱い業務

  • 以下に掲載しているものは重点的に取り組んでいる業務です。記載のない相談内容についてもお問い合わせください。
  • 現在のところ、法テラスを利用した民事法律扶助については対応しておりません。

個人のお客様向け

債務整理

  • 借金の返済が厳しく感じる場合には、弁護士がご本人に代わって金融機関と交渉する債務整理や自己破産申立て等を行います。
  • 資金繰りが急激に悪化している場合には、早めに一度ご相談ください。
  • 債務整理については、弁護士報酬の分割払いに応じております。

不倫による慰謝料請求

  • 不倫をされた場合、配偶者と不倫相手に対する慰謝料請求をすることができます。
  • 当事務所では、慰謝料請求をする側だけでなく慰謝料請求を受けた側についても示談交渉の代理をお受けしております。

強制認知

  • 妊娠したにもかかわらず相手の男性が認知を拒む場合には、DNA鑑定などを通じて強制認知を求めることができます。
  • 認知を受けられれば、相手の男性から養育費を受け取ることができるだけでなく、相手の男性が死亡した場合に子どもが相続を受けることもできます。
  • 当事務所は産まれてくる子どものために認知を求めたい方を積極的に支援いたします。着手金の分割払いにも応じております。
  • ご本人だけでなく医療関係者や親族からの代理相談もお受けしております(ただし、正式に事件処理をご依頼いただく場合にはご本人の同意が必要です)。

SNSなどインターネット上の誹謗中傷

  • twitterや匿名掲示板などインターネット上で誹謗中傷を受けた場合には、投稿内容の削除請求や投稿者を特定した上で慰謝料請求等をすることができます。
  • プロバイダのログ保存期間が限られているため、投稿者を特定したい場合には早めにご相談ください
  • 誹謗中傷であると主張されている方のご相談もお受けしております。

事業者様向け

労務問題

  • パワハラ、セクハラ等のトラブル、従業員による残業代請求などを受けた場合のご相談をお受けしております。
  • 人事制度を変更する場合に適法性などを事前に検討することも可能です。

契約交渉に関する助言

  • 重要な契約を締結する際に、事前に契約書の法的検討をすることや契約書自体の作成をいたします。

ご依頼の流れ

STEP1:ご予約・お問い合わせ

  • まずは予約受付フォームまたは電話で相談のご予約をお願いいたします(完全予約制)。電話対応時間は、平日9:00~18:00です。
  • 面談可能時間は、9:00~22:00(事前予約があれば休日も可)となります。電話受付時間とは異なりますのでご注意ください。
  • 当日の面談を希望される際には、お電話で一度お問い合わせください。
  • ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

STEP2:ご相談

  • 面談にてご相談内容の詳細をお伺いします。
  • 相談料が発生する場合、当日現金またはクレジットカードでお支払いいただきます。
  • 面談時には、相談内容に関係する書類一式(裁判所や相手方から受領した資料など)をお持ちください。なお、その場で正式な手続を依頼される予定の場合は、印鑑(シャチハタ以外)、本人確認書類(運転免許証、保険証など)もお持ちください。

STEP3:ご提案・お見積り

ご相談内容に応じて解決方法のご提案や弁護士に依頼された場合の費用のお見積りをさせていただきます。なお、弁護士費用には以下の種類がございます。

  • 着手金:ご依頼時にお支払いいただきます。結果に関わらず原則として返還いたしません。
  • 報酬金:成功報酬として契約書で定めた結果を実現できた場合にお支払いいただきます。
  • 実費:郵便料金、交通費、裁判所に支払う手数料など解決に不可欠の実費はご依頼者様に別途請求させていただきます。

上記のほか、遠方への出張を伴う場合には日当が発生する場合があります。

STEP4:ご契約

  • ご面談後、正式に弁護士に手続を依頼されたい場合にはその旨お知らせください。契約の際には、印鑑(シャチハタ以外)および本人確認書類のご提示が必要となります。
  • ご契約後、着手金の定めがある場合には着手金をお支払いいただいてから業務を開始いたします。ご依頼後にご不明な点や事情の変更が生じた場合には、いつでもご連絡ください。
  • 調停や裁判手続をご依頼いただく場合、原則として期日の前後で必ず弁護士からご連絡させていただき、状況のご報告や方針のすり合わせをいたします。
  • 弁護士に依頼したことをご家族に秘密にしたいなどといった事情がある場合には、郵便物に弁護士名を使用しないなどの対応が可能です。事前に必ずご相談ください。

ご予約はこちら

アクセス

  • 住所
    〒176-0001
    東京都練馬区練馬1-3-10西武鉄道練馬駅構内2階 エミフィス練馬
  • 事務所への道のり
    ・西武池袋線、都営大江戸線「練馬駅」から徒歩1分
    ・西武池袋線改札階スターバックスコーヒー横の渡り廊下を渡った突き当たり
    ・オフィスまで駅構内のエレベーターを利用可能
  • 電話番号
    03-4400-2845
  • 営業時間
    電話受付:平日9:00~18:00(時間外はお問い合わせフォームからご連絡ください)


Copyright© 松浦綜合法律事務所 , 2020 All Rights Reserved.