隣地から越境した枝は勝手に切ってはいけない

東京などの住宅密集地では、隣の家の庭木が自分の敷地に越境してきたなんてトラブルも割と起こりがちです。このような場合、どのように対応すればいいのでしょうか。

隣地との調整に関しては、民法上相隣関係としていくつかの規定が設けられています。

これらは、司法試験だと実はあまりメジャーではなかったりするのですが、不動産を扱う場合には知識として必ず知っておく必要があります。

越境した隣家の枝は勝手に切れない

庭木の越境については、以下の規定があります。

民法233条1項

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

これは、越境を受けた側が勝手に切ることはできないことを意味します。あくまでも、越境させた側に枝を切るよう要求できるというに過ぎない点がポイントです。

なぜ勝手に切ってはいけないとされたかというと、庭木については枝ぶりが重要であるため、と説明されています。例えば、枝を綺麗に剪定した松の木なんかのイメージですね。

したがって、隣の人が応じないからといって勝手に枝を切るようなことがあれば、逆に賠償を請求されかねないということに注意が必要です。

隣地が応じない場合にはどうすればいいのかというと、残念ながら裁判に訴えるしかないというのが現実です。

とはいえ、住宅の建築を行っているような場合には、通常社内的にいつまでに販売を終えるというスケジュールがあるはずで、それは数か月程度の比較的短期間であると思います。

越境については、遅くとも販売終了(お客さんに引き渡す)までに解消する必要があるし、越境の程度によってはそもそも施工の障害になり建物の完成時期に影響するおそれもあります。

しかし、裁判をするとなると解決まで数か月~1年程度の時間が必要となってきますので、裁判での解決というのは特に事業を行っているケースではまったく現実的ではないのです。

このため、極力裁判によらない解決を目指す必要があります。

越境枝の問題を円満に解決する方法

隣家から越境してきた枝を、裁判によらず迅速に伐採したい場合に重要なポイントは以下の2つです。

1.早い段階で越境の有無を確認する

ポイントは「早い段階で」という部分です。

上で述べたように、最悪の場合には訴訟等の法的手続きも視野に入れる必要が出てくるため、特にスケジュールが決まっている場合には早い段階で越境の事実を把握し対策を打つことがまず重要です。

事業として建築を行う場合には、土地を購入する段階で越境の有無は把握することができます。また、その時点では越境していなかったとしても、枝が少しでも伸びたら越境する可能性があることは現地をきちんと確認すればわかるはずです。

ですので、まずは隣地の庭木の枝が越境する可能性があるかについて土地購入の段階で確認するようにしましょう。

2.話合いの席をどのように設けるか検討する

上で述べたように、庭木の枝の越境に関しては可能な限り訴訟等の法的手段によらず話し合いで解決することが得策です。

話合いの方法については、実務上は以下の順番で推移することになります。

担当者レベルでの交渉 →内容証明を用いた交渉 →法的手続(訴訟・仮処分等)内での和解交渉

したがって、まずは隣地の所有者に直接会って枝の伐採に協力してもらうよう働きかけます。多くの場合には、これで解決が可能だと思います。

ただし、隣地の所有者が協力的でない場合にはやっかいです。最初に見た民法233条1項に伐採を求めることができると書いてあるからといって、強めに押せば相手は感情的に拒否することもありますので、ここは現場担当者の腕のみせどころといえます。

現場担当者レベルでの交渉が決裂してしまったような場合には、会社名で(又は会社代理人としての弁護士名で)内容証明郵便を送付することが一般的には考えられます。

内容証明というと強気な印象を与えると思われるかもしれませんが、それは書き方次第です。

私が代理人となったケースにおいてはあくまでも任意の協力を求めるべく、文面は低姿勢なものとすることが多かったです。

交渉が決裂した場合でも、隣地の方は「現場担当者には」感情的に協力したくないが、交渉担当が変わればOKという人もいます。そのような場合は、弁護士が交渉することで快く協力いただけることも多々ありました。

弁護士名での内容証明を送ったにも関わらず、積極的に拒否するケースはそう多くはありません。

しかし、私が代理人となったケースで1件、それでも解決しなかったものがありました。それは、隣地の方がそもそも長年引きこもりをしているケースでした。

このケースでは、最終的に裁判所での和解を期待して仮処分申立て(※)を行いました。裁判所の期日には本人は来ませんでしたが、その前後で問題の庭木を本人が伐採してくれたようで一見落着となりました。

※仮処分申立ては本来和解交渉の場ではないのですが、スケジュール的に通常の訴訟提起をする時間がなかったためこのような手段を用いました。詳細は割愛しますが、事前に裁判所に交渉したうえでの申立てであり、イレギュラーなやり方です。常にこのような方法が可能というわけではない点にご留意ください。

補足:木の根っこの越境は?

なお、これと似たものとして隣地の木の根っこの越境があります。

こちらは、以下の通り規定されています。

民法233条2項

隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。

根っこの越境は、越境を受けた側が勝手に切っても良いことになっています。枝とは逆ですね。

とはいえ、勝手に切って樹木に影響が出ないとも限りませんので、トラブルを避けるためにはできる限り隣地の方にひとこと話しておくべきなのはもちろんです。

おわりに

不動産と近隣問題は切っても切り離せない関係にあります。特に、住宅が密集した都市部であればなおさらです。

近隣との権利関係の調整については、民法では「相隣関係」としてルールが定められています。建設会社や不動産会社にとっては、相隣関係は日常的に問題となるルールと思われますが、意外と規定が複雑だったりするので、「あの話、どっちが正解だっけ…?」となりがちです。

事業部門の方が、その場で六法を引いて調べるのも大変なので、そのようなときに顧問弁護士に(あたかも社内の法務部のように)簡単に聞ける環境があると、本業に専念しやすいのではないかと思います。

当事務所の弁護士松浦は、不動産会社や建設会社の法務部門に勤務していました。法務部門の役割の一つは、事業部門が仕事をしやすい環境の提供にあると考えております。

このような事業部門が本業に専念できる環境を、顧問弁護士として多くの事業者様に提供できるようにしたいというのが弁護士としての私の一つの目標です。

このため、従来の弁護士のイメージである「相談の際にわざわざ事務所にお越しいただく」などという大げさな対応無しに、メールや電話で質問を投げておいていただければよほど重大な問題でない限り、当日か翌日までに迅速に回答するようにしております。

当事務所の顧問弁護士としてのサービスにご興味がある場合は、資料をご用意し詳細をご説明させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

03-4400-2845

・ご相談予約の場合は、その旨を受付にお伝え下さい。
・メールフォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/12/28
事務所を港区北青山に移転しました
2021/2/25
提携ご希望の事業者様は問合せフォームからご連絡ください

松浦綜合法律事務所

住所

〒107-0061
東京都港区北青山2丁目12-8 BIZ SMART青山1階

アクセス

東京メトロ銀座線・外苑前駅(3番出口)から徒歩2分

※駐車場:敷地内にコインパーキング(マストパーク北青山2丁目)あり

受付時間

平日 9:00~18:00
※夏季休暇、年末年始をのぞく

定休日

土曜・日曜・祝日